階段・外廊下・水周り|場所から探す

施工箇所によって異なる防水工事

階段外廊下水周り
同じマンションの中でも、場所によって気温の変化や力のかかり方といった条件はさまざまです。
経年劣化による傷み方も場所によってまったく違うため、それぞれの場所に適した防水工事が必要になります。

このページではマンション・各種建物の防水工事を請け負う東京の「アースリー」が、場所によって異なる防水工事の主な工法などをご紹介します。

場所から考える防水工事

場所によって環境は大きく異なるため、防水工事の施工内容もかわってきます。
工法によって仕上がりや耐久性、コストなどがかわってくるので、ご説明をお聞きになった上でお決めください。

ご依頼の際は付帯工事を同時に施工することで、それぞれ単独で施工するよりも効率的に工事が進められ、コスト負担を軽減できるというメリットがあります。
施工箇所に応じて、その周辺の雨どいの漏水調査や補修、網戸の張替え、サッシなどのクリーニング、厨房内や浴室内のシーリング工事などを承ります。

階段・外廊下の防水工事

階段・外廊下の防水工事

階段や外廊下などは一般的にモルタル仕上げが施されています。
このモルタルには経年劣化によって、ヒビ割れやコケ、エフロ(セメントの成分が表面に染み出たもの。
白色の物質)などが発生します。

主な工法

もっとも一般的な工法は「塗り床」です。
用途に応じて塗り方をかえることで、防塵や防滑などの効果も期待できます。

階段や外廊下の防水工事には、長尺塩ビシートや、表面耐力や追従性に優れた超速硬化型ウレタン吹付け工法なども用いられます。
超速硬化型ウレタン吹付け工法は、駐車場にも多く用いられる工法。
美観の向上も期待できます。

水周りの防水工事

水周りの防水工事

厨房やプール、浴室といった水周りには、当然新築当時から防水処理がされていますが、経年劣化すると十分な防水効果が得られない場合があります。
また、施工不良などによる水漏れにも、すみやかな対処が必要です。

主な工法
施工箇所 主な工法と特徴
厨房 エポキシ樹脂の塗布による防水を施します。
耐久性が高く、多くのバリエーションの中から工法を選択でき、用途に合わせて仕上げを調整できます。
プール 軟質塩化ビニル樹脂シートによる防水を施します。
この素材は柔軟性や耐薬品性、水密性に富んでおり、機械的固定工法を用いれば、工期も短縮できます。
浴槽など FRP防水を施します。
この防水法は環境に左右されない高い耐久性を持つのが特徴で、耐薬品性や耐摩耗性、耐衝撃性も高く、過酷な環境下でも高い防水性能が期待できます。
ベランダ・バルコニーの防水工事

ベランダ・バルコニーの防水工事

ベランダやバルコニーは外壁などと同様、紫外線や風雨といった、屋外の過酷な環境にさらされています。
当然屋内に比べると劣化が早くなりますし、劣化したまま放置すると雨漏りの原因となることもあります。
目に見えない部分が傷んでいるケースもあるので、8~10年ごとに調査や補修を行いましょう。

主な工法

現在情報を取りまとめておりますので、もう少々お待ちください。

屋根の防水工事

屋根の防水工事

屋根は外壁と同様に雨水にさらされる上に、家の中でもっとも紫外線の影響を受ける部分です。
傷みによる雨水の浸入を防ぐため、10年に一度を目安に塗替えが欠かせません。
一度雨漏りが起こると躯体が傷み、修理に多額の費用がかかります。
コスト負担を軽減するためにも、早めの対処が大切です。

主な工法

現在情報を取りまとめておりますので、もう少々お待ちください。

当社のこだわりポイント

当社では対象となる建物の構造や状況を考慮し、最適と思われる工法を選んでお客様にご提案しています。
また、工程を写真に撮影し、自社検査を行うことで施工品質を確保。
お客様の信頼におこたえし、品質の向上に努めています。

環境への配慮も重要視しており、環境対応型の材料の使用を優先してご提案しています。
防水工事にともなう産業廃棄物の分別処分やマニフェストの提出、保管にも万全を期しておりますので、安心しておまかせください。

ページトップ

Copyright © 株式会社 アースリー All Rights Reserved.