各種防水工法のご紹介

防水工事の工法をご紹介します

防水工事にはさまざまな工法が存在することをご存じでしょうか。
マンション・各種建物の防水工事を請け負う東京の「アースリー」では、建物の構造や状態に応じて、最適な工法をご提案しています。
当社で取りあつかっている工法には、次のようなものがあります。

アースリーが取りあつかう工法の種類と特徴

工法名 方法 特徴やメリット
ウレタン塗膜防水 ウレタン樹脂を塗布し、硬化させることで、対象となる箇所をコーティングします。 塗料なので密着性が高く、複雑な形状の場所にも施工できます。
特に屋上の防水工事に用いられることが多く、広い面積に対しても継ぎ目のない防水層を形成できます。
塩ビシート防水 塩化ビニル加工した防水シートを下地に貼り付け、防水層を形成します。 溶剤溶着や熱溶着をするのでシート同士の接合性が高く、塩害や酸性雨、汚染物質による影響をあまり受けません。
耐圧縮性に優れており、高い強度を誇ります。
アスファルト系防水 防水法としてもっとも歴史の古いアスファルトルーフィングを、専用の溶融釜で溶かした防水用アスファルトで、下地と密着させます。 アスファルトを溶かす臭いや、重さによる建物の負荷が問題視されており、トーチバーナーであぶって接着するトーチ工法や、自着する改質アスファルトシートを使う冷工法などが多くなってきています。
FRP防水 FRP樹脂によってガラスマットを貼り付け、防水層を形成します。 建物に対する負荷が少なく、継ぎ目のない防水層が形成できます。
耐久性や耐火性にも優れた工法です。
超速硬化型
ウレタン吹付け
ウレタン樹脂を吹付けて硬化させ、コーティングすることで防水層を形成します。 環境対応型の、無溶剤タイプの材料を用います。
塗布後15分ほどで歩行が可能になり、耐久性や耐摩耗性も優れています。
複雑な形状にも施工可能です。
合成ゴム系
シート防水
合成ゴム系のシートを接着剤で下地に貼り付け、防水層を形成します。 この工法に用いるシートは軽くて柔軟性があり、引っ張りに対する強度や伸び特性が大きく、亀裂が入った場合の追従性にも優れています。
地震のゆれや構造上の問題で、挙動の多い建物に多く利用されています。
ポリマーセメント系
塗膜防水
高分子エマルジョンとセメントを混合塗布し、防水層を形成します。 環境にやさしい素材で、柔軟性と強さを兼ねそなえています。
施工もかんたんで、安全です。
防滑シート貼り
長尺塩ビシート
熱や紫外線、雨水や砂などにも強いシートを下地に貼り付け、防水層を形成します。 この工法に用いるシートは摩耗しても色柄が消えにくく、衝撃音吸収性や防滑性、耐候性に優れています。
美しく高級感のある仕上がりになりますが、床面のみのシート貼付なので、防水に対する保証はできません。
無足場工法
ロープ作業
足場を組まずに躯体の補修や塗装、クリーニングなどを施工する方法です。 足場代が必要なくなるため、足場を組むほどでもない部分的な施工にはおすすめです。
ゴンドラ作業、
高所作業車
足場を組まずにゴンドラや高所作業車に乗って施工する方法です。 やはり足場代が必要なく、ロープ作業よりも広範囲の施工が可能です。
ゴンドラなどの位置を調整することで、常にもっとも作業に適した位置で、安定して作業にあたれます。

お客様にとって最適な工法をご提案

お客様にとって最適な工法をご提案

防水工事の工法は多数存在しており、工法ごとに適した施工箇所が異なるだけでなく、施工料金や耐久性も大きく違ってきます。

当社は防水工事のエキスパート。
豊富な経験と知識を生かし、無料の現地調査を行った上で、耐久性とコストのバランスがもっともよい工法をご提案することができます。
もちろんお客様にご納得いただけるよう、プランの内容をしっかりとご説明しますので、ご不明な点は遠慮なくご質問ください。

ページトップ

Copyright © 株式会社 アースリー All Rights Reserved.