マンション・ビル管理者様向け防水・漏水工事

大規模な建物だからこそ
防水・漏水工事が必要不可欠です

マンションやビルといった建物は、多くの人の生活や仕事の場です。
もし防水対策が十分でなく、漏水・雨漏りが発生して建物が大きなダメージを受けると、生活や仕事を中断して補修を加えなければならないかもしれません。
一度水を含んだ防水層は全面撤去が必要になるケースも多く、大きなコスト負担が発生します。

大規模な建物だからこそ防水・漏水工事が必要不可欠です

このような事態は、適切な時期に適切なメンテナンスを行うことで避けられます。
建物の資産価値を守り、改修コストを削減するためにも、定期的なメンテナンスや防水対策を行いましょう。
マンション・各種建物の防水工事を請け負う東京の「アースリー」が、マンションやビルの管理者様に知っていただきたい、防水・漏水工事のチェックポイントなどについてご紹介します。

マンション防水工事チェックポイント

マンション防水工事チェックポイント

マンションの中で、防水工事が必要な場所はある程度決まっています。
次のような場所は傷みがないか定期的にチェックし、「傷んできたな」と思ったら、一度ご相談ください。

屋上

雨風の影響に加え、紫外線の影響が大きく、劣化しやすい部分です。
普段はあまり目にしませんが、ここが劣化すると雨水が建物に侵入してしまうため、定期的にチェックしましょう。

ベランダ・バルコニー

洗濯ものを干したり植物を育てたりと、生活の中で使用されることが多い場所です。
屋外に面しているため、やはり傷みやすく、10~15年ごとに補修されることをおすすめします。

階段・廊下

マンションやビルの階段や廊下は、多くの方が日常的に利用する共有スペースです。
居住者やテナントの方が安全に使えるよう、メンテナンスや補修工事を定期的に行いましょう。

外壁

外壁が劣化すると、ヒビ割れなどから雨水が躯体に浸入し、雨漏りが起こることがあります。
一度漏水すると補修の規模が大きくなるので、適切な時期にメンテナンスと補修を行いましょう。

まずは無料現地調査から

大規模なマンションやビルの場合、上記のような場所をもれなくご自分でチェックするのは難しいのではないでしょうか。
また、例えチェックしていても、傷みを見逃さないとは限りません。
そんなときは、防水工事のプロである我々におまかせください。

現地を調査した上で、傷みが発生していた場合には耐久性とコストの両面を考慮し、最適な対策をご提案します。
現地調査は無料なので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ページトップ

Copyright © 株式会社 アースリー All Rights Reserved.