雨漏り・防水工事Q&A

よくある疑問質問をご紹介します

マンション・各種建物の防水工事を請け負う東京の「アースリー」には、お客様から防水工事に関するさまざまな疑問や質問がよせられます。
このページでは、実際に当社によせられたご質問の中から、いくつかをQ&A形式でご紹介します。
このほかにもご不明な点があれば、遠慮なくお問い合わせください。

防水工事Q&A

対応エリアを教えてください。

東京、埼玉、神奈川、千葉などの関東圏を中心に、状況に応じて遠方での工事にも対応しています。
まずは、お気軽にご相談ください。

防水工事って、何年ごとにしたほうがいいの?

防水の耐用年数は工法によって異なるため、正確には現地調査をしてみなければおこたえできません。
しかし一般的に、10年ほどが目安とされているので、その時期が近付いたら一度現地調査を依頼してみましょう。

下地を含めた全面改修が必要なケースもありますが、部分的な補修で十分なケースもあります。
当社は無料で現地調査を行っており、建物の状態とお客様のご要望を加味し、最適な工法をおすすめします。

防水の寿命を延ばすためにはどんな方法がありますか?

防水を長持ちさせるためには、定期的に保護塗料を塗替えましょう。
紫外線や気温の変化、雨水などの影響を抑え、耐久性を高める効果が期待できます。
また、施工会社がお伝えする使用上の注意を守り、適切な管理をすることも大切です。

防水の工法って、どれが一番すぐれているの?

下地の種類などによって適した工法がかわってくるため、一概にどれが優れているとはいえません。
ひと口に防水工事といっても、ウレタン塗膜防水や塩ビシート防水、アスファルト系防水、FRP防水など、さまざまな工法があります。

現地調査を行い、建物の構造や下地の種類などを加味し、コストと性能のバランスがよいものを選びましょう。
当社では無料の現地調査を行い、それらを考慮したプランをご提案いたします。

だいたいの面積や建物の種類を伝えたら、概算の見積もりを出してくれる?

既存の建物に対する防水工事には、周辺の環境や傷みの度合いなど、さまざまな要素がかかわってきます。
概算の見積もりでは追加工事が発生して費用が大幅にかわる場合もよくあるため、あまり意味がありません。
当社は無料で現地調査を行っておりますので、まずはそちらをご検討ください。

施工途中の様子が見てみたいのですが、できますか?

当社では施工完了時に、工事報告書や保証書と同時に、施工途中の写真をお渡ししております。
工程ごとの様子を写真でご確認いただけますので、ご安心ください。

現地調査をお願いするといくらかかりますか?

現地調査やお見積もりは、初回無料で承っております。
現地の状況とご予算を考慮し、最適なプランをご提案しますので、ご相談ください。

「クラック」という言葉はどういう意味ですか?

外壁などにできる、ヒビ割れのことを指す言葉です。
クラックができると躯体に水が浸入し、建物が傷む原因となります。

戸建の住宅の工事もお願いできる?

はい、よろこんでお引き受けします。
一般のご家庭や店舗併用住宅の方も、お気軽にご相談ください。

保証の内容は?

当社の保証は、工法によって保証年数が異なるメーカー保証です。
5年間から10年間の保証が受けられますので、くわしくは保証についてでお確かめください。

ページトップ

Copyright © 株式会社 アースリー All Rights Reserved.