防水工事の流れ

防水工事の流れの一例をご紹介します

一般の方にとって、防水工事の実際の流れはイメージしにくいのではないでしょうか。
マンション・各種建物の防水工事を請け負う東京の「アースリー」では、建物の構造やお客様のご要望などに合わせ、さまざまな工法で防水工事を行っています。

もちろん工事の流れは工法によって異なりますが、「防水工事って何をするの?」という方のために、当社が請け負う防水工事の流れの一例をご紹介します。

防水工事の流れ(シート防水脱気工法の場合)

1.洗浄

コケや泥といった汚れが付着していると、防水層の密着性が低下し、耐久性も下がります。
それを避けるため、高圧洗浄機で施工箇所の汚れをきれいに洗い流します。

2.下地補修

コンクリートなどの下地に、クラック(ヒビ割れ)や欠けなどの劣化があると、やはり防水層が浮く原因となります。
傷んだシーリングを撤去し、「シール擦り込み」や「低圧注入」などの工法で、下地を丁寧に補修します。

3.下塗り

塗膜の密着性を高めるためのプライマーを、下塗りとして塗布します。

4.シート貼付

塩ビシートや合成ゴム系シートなど、お客様のご要望に合った素材のシートを、空気が入らないよう丁寧に貼り付けます。
シート内部に湿気がたまると浮きの原因となるので、排出できるよう「脱気筒」という部品を取り付けます。

5.主剤塗布

ローラーで主剤を塗布し、2日程度乾燥させたのちに、2回目の主剤塗布を行います。

6.仕上げ

主剤が乾燥するとトップコートを塗布し、防水層が完成します。
大切な建物を漏水から守る防水工事は、私たちプロにおまかせください!

ページトップ

Copyright © 株式会社 アースリー All Rights Reserved.